二重まぶたは美容整形としては一般的な手術でしょう。

二重まぶたの手術一つとっても、切開法なのか、埋没法なのか、もしくは切開部分が小さいのか大きいのかでも随分印象が変わります。

二重まぶたにするだけでは解決できない眠たそうな眼(眼瞼下垂)などは、瞼が重く十分に眼が開きにくい、視野が狭くなる、酷い場合は頭痛肩こりなどの病的な症状に苦痛であったり不快であったりするといいます。

また、見た目の印象も本人が意識していなくても、いつも眠たそうに見えたり、陰気な印象さえ受けると言う難点があるでしょう。

人がコミュニケーションを図るときには、必ず相手の目を見るといわれます。

眼の開きが大きいと表情も豊かになり、円滑なコミュニケーションにもつながり易いかもしれません。

挙筋短縮とは瞼を開ける筋肉である挙筋を縫い縮めて、瞼を大きく開ける眼瞼下垂への手術法です。病気として行なわれる以外に、小さい目の印象を、黒目がちの大きな目に変えるために、美容外科で行なわれます。


上が術前、下が術後の写真となります。

眼に輝きが出て、眠たそうな印象から、はっきりとした印象に変化しています。

 

こちらが当院の詳しいサイトになります。

http://kyokin.net/