最近お問い合わせが増えてきているMT(メタトロン)化粧品ですが、どのように効果があるのかを図解で説明していきたいと思います。


この断面図のように、お肌には、上から表皮、真皮、皮下組織、筋肉という層があります。

基盤になる筋肉組織が、お肌のハリに影響力が大きいと言われています。

若い年齢の頃は、自然とアセチルコリン(神経系伝達物質)が筋肉に十分に分泌されますが、19歳をピークに衰え始めます。


DMAE (ジメチルアミノエタノール)とは、魚に含まれるDHAおよびEPA等の魚の脂肪酸に含まれる成分です。

DMAEは、アセチルコリンの役目を担いますので、たるんだ筋肉にアプローチして、体液循環促進効果でお顔のむくみを解消、リフトアップ効果を実感できます。

即効性は抜群で、30分塗布するだけで効果が分かります。その効果は24時間キープされます。


繊維芽細胞=コラーゲン線維、エラスチン繊維、グリコサミノグリカン(基質)等の真皮組織の主要構成要素を産生する細胞

年齢とともに繊維芽細胞のコラーゲン産生能力は低下し、20代後半より低下し始める。

糖化=体内にあるたんぱく質(コラーゲン層)と糖が結び付き、AGEs(糖化生成物)を作ります。

糖化は、肌の弾力や柔軟性を失わせ、黄ばんだくすみやしわやシミの原因にもなります。

糖化=老化とも考えられます。

カルノシンには、繊維芽細胞を活性化させる作用があり、コラーゲン、エラスチン繊維、基質の生成を増加させます。アミノ酸の一種で、高い抗酸化力を持ち、紫外線や活性酸素からお肌を守ります。また、コラーゲン線維に付着した糖を分解し、付着を防ぎます。(抗糖化


パンテノール(ビタミンB-5)

保湿効果、抗炎症効果、細胞修復効果を持ち、正常なターンオーバーサイクルと整った角質層の形成を促し、皮膚保護作用を高めます。

セラミドは、皮膚の保護、表皮の水分保持に必要な成分。

ナイアシンアミド(ビタミンB-3)

皮膚を保護するセラミドの合成を促進することで、保湿、ターンオーバー促進する。

メラニンの生成を妨げ、シミを出さないように阻止する。

 

いかがでしたか?

これだけの成分が、シミ、しわ、たるみのアンチエイジングケアの効果を発揮します。

有効成分の高濃度配合で、結果が出やすいと反響があります。

雑誌、マスメディア等で多く取り上げられ、口コミで評判のコスメです。

プレミアムコフレを11月16日から発売いたします。

この機会にぜひお試しください。